2013年08月06日

土用の弱り目

あらいやだ。もう8月。
(家政婦役の市原悦子風に)

30度以下だと
「今日は涼しいわ」と思えてしまうほど
暑さ感覚がマヒしている今日この頃。
みなさん、お元気ですか。

あてくしは・・・
えっとね〜、ぜぇ〜んぜん、元気じゃないのぉ、
なんでかってぇ?それはねぇ〜、
軽く食中毒になったからのぉ〜、ウフフ〜〜!
(両頬に手をあててローラ風に)。

このくらいはいつもなら平気なので今回も大丈夫、
そう思って夜中に吐き気で目が覚めたのを
我慢してしまったのがいけなかった。
結局リバースの嵐で、夜中から
次の日の午前中までリバースしていた。

うぷっ。と来たら我慢してはだめなのよ。
悪い菌を外へ出すためにも
トイレにガブリ寄らなければならぬのよ。

その後、お腹がピーピーとなった。
(ビロウな話でキョーシュクです。)
病院へ行こうかとも思ったが
なんとか落ち着いたので、
お腹はまだもやもやしているが
知らんぷりしてやり過ごしている。

「なんで今回に限ってこんな状態に・・・」と
お便器の上で「考える人」みたいな姿で
悶々としていると(もちろん、素っ裸ではなナイ。)
目の前のカレンダーに目が行った。

「は!そうか!土用だったわ!」

そうなのだ。土用の期間というのは
以前にも書いたが、要注意期間なのだ。
体調も崩しやすいし、精神的にもダメージを
受けやすいし、想定外のコトが起こりやすいしで、
気を引き締めていないといけない時期なのだ。

というわけで、土用の最中の弱り目。いや祟り目かも。
今後も油断禁物だが、それもあと少しの辛抱だ。
7日には土用がようやっと明けるからだ。
水曜日は立秋なのだよ、暦の上では。

まだまだ暑くて、立秋だとぁ?どこがだよっ!と
無意味に凄みたくなる天候ではあるが、
少なくとも要注意期間は終わるのである。
明日1日、何にも起きませんように。
切にそう願いながら
もやもやとはっきりしない上に
たぷたぷしている(これはいつものことだが)
お腹を抱えて
眠りにつくあてくしなのであった。

unchi.JPG
ウフフ〜〜黒ハート by ソレイユ画伯
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2013年08月13日

猛烈、あふれすぎ

自分の体温よりも高い気温を体験してしまうと
30度を超えていても
「今日はわりと過ごしやすいわ」と
平気で思えてしまう今日この頃
みなさん、いかがお過ごしですか。

枕元にあるアラームクロックは
温度計機能も付いているのだが
朝目が覚めると、すでに
「30.2」とか表示されていて
最初のうちはぎょっとしていたけれど
もう慣れてしまったわい。
暑さ感覚のマヒは日々、ひどくなっているようです。

それにしても。
天気予報やニュースなどでの
「明日も猛烈な暑さです。」の「猛烈」というコトバ、
やめてくれないかしら。あの「猛烈」という単語を
耳にするだけで、うんざり感が10倍以上、増すから。

「猛烈」な暑さになるですって?

あんたに言われなくったって、
わかってるわよっ、
んなこたぁ!!!

「猛烈」を耳にするたび、TVに向かって
悪態の限りを尽くす、あてくしなのでした。

ところで。
猛烈な暑さだったり
猛烈な雷鳴だったり
猛烈に唐突な豪雨だったりと、
「猛烈」が脅威をふるっている中で
また新しい猛烈を発見。

猛烈に赤い月。

さっき買い物に行って
ビルの谷間からのぞく
赤い錆びのような色をした、
爪あとのようなカタチの月が
あまりに不気味だったので
思わず足を止めて
しげしげと眺めてしまった。

moonred.jpg

何かが起こる前触れのような
不吉でホラーな要素満載な赤い月。
またもや予期せぬ、「猛烈」ななにかが、
起こるのかもしれなくもないかもしれなくもないのであった。
(マヒは暑さ感覚だけではない模様です。)
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2013年08月18日

職人への道

黒子ちゃんは仔猫なので
おもちゃで遊ぶのが大好き。
寝るのと同じくらい、いや、それ以上に
遊ぶのが大大好き。

なので、部屋の中はおもちゃだらけだ。

ペットショップで買ったものも
いろいろ取り揃えてございますが、
なにしろ当たりハズレが大きい。
それにすぐ飽きるのだ。

自家製ならばハズレてもそれほど
ショックではないし、
飽きたらまた新しいのを作ればいい。
というわけで、
「仔猫用自家製おもちゃ」でネット検索しつつ、
DIYを実践することにした。

で、これ。(写真、右)
hititem.jpg

ウニクロで買った安物のグラサンが包装されていた
エアパッキン。長方形の袋状になったそれを
くるくる巻いて筒状にし、ガムテで留めただけのもの。

大きさ的にはそう、贅沢キャットフードのシーバ様と
同等のサイズと言えよう。

「こんなんで遊ぶのか、ほんとに」と
ほとんど期待してなかったんだが、な、なんと!
大ヒットだったのだよ。

狂ったように転がし、咥え、追いかける黒子ちゃん。
しまいにゃ、舌を出してぜーぜー言いだして
それでもやめなかったので、
強制的に取り上げたくらいだ。

よし。これでウンチング・ハイ用の
特効薬ができたぞ。
(ウンチング・ハイ:うんちした後、異常なほど
ハイパーに走り、飛び、暴れまわること。
コーモン・クリーニングをせねばならぬあてくしは、
ウエットティッシュ片手に全力で
黒い弾丸を追いかけ回すハメになるのだった。)

というわけで、こうしてあてくしは
おもちゃ職人としての一歩を
はからずも踏み出してしまったのであった。
この先もアルミホイルを丸めただけのアルミボールや
紐を束ねただけのヒラヒラ棒などの迷作に
挑戦していく所存でございます。乞う、ご期待。
フ。evilgrin0030.gif
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2013年08月23日

目から汗が。

仔猫の黒子ちゃんがイタズラをするのは
遊ぶ時間が足りなかった時。
一緒に居る時間が少なかった時。
要するに、あまり愛情が感じられなかった時。

なので朝起きたときや夜眠る前には、
しっかり抱っこして首の下を撫でてあげながら
「黒子ちゃん、だ〜い好き。
黒子ちゃん、かわいいねえ。」と
何度も言ってあげる。するとぐるぐる喉を鳴らして
鼻をぴすぴす言わせながら、不思議とおとなしく
すやすやよく眠って、いたずらも(あまり)しなくなる。

愛情って大事だよな。今さらだけど。
こんなチビっちゃくても
ちゃんとわかってるんだよな。

そんなことを考えていた時に
見つけたのがこのわんこのアニメ。

ご主人さまは一日働いて
ぼろぼろに疲れて帰ってくる。
オムレツを作ろうとするが
あまりに疲れているため、
ガスの火加減には無頓着だわ、
包丁を持つ手は危なっかしいわで、
わんこはハラハラし通しだ。なので
ご主人さまの注意をわざと他に向けといて
自分がオムレツを作ってあげる。

でも、わんこ、自分の好物をご主人さまの
オムレツに入れちゃって、それで彼は
わんこがオムレツを作ってくれたことに気づく。
それでチューってしてあげて、
一緒にオムレツを食べるのだ。

愛されてるなー、この飼い主。
くそー、思わず目から汗が流れちまうぜ!

Omelette

カリフォルニア大学に通う女性が作ったアニメだそう。
BGMもすっごくイイ。
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2013年08月27日

夏の終わりの夜長

テレビを観なくなって久しい。
その代わりにラジオを聴くようになった。

iTunesのラジオで懐かしの80年代、90年代の
ナツメロばっか流しているステーションを
たいていは聴いている。それで勿論、
一緒に歌ったりしている。

そういうナツメロラジオを聴いていると、
昔は大して良いとは思わなかったバンドや楽曲が
今改めて聴くと、いいなあと思えたりする。
新しい発見。(つか、やや初老入ってるとも言えよう。)

そういう一曲がこれ。
TOTO I'll be over you LIVE 1990

TOTOはおべんきの会社と同じ表記だが、
もちろんおべんきの会社に由来するわけではなく、
『オズの魔法使い』の中に出てくる犬の名前から
とったものなのだそうだ。

彼らはプロのスタジオミュージシャンの集まりで
だから音がすごくタイトで美しく、
ツボを押さえた楽曲をバンバン作って
売れまくったんだが、当時のあてくしは
そのあまりの完璧さに、逆にどん引き状態で
どうしても好きになれないバンドのひとつだった。
(それに技術的には完璧だが、ビジュアル的には、
その、アレなもんだから、興味が湧かなかったし。)
いまでもスタジオ・レコーディングのものは好きじゃないが
ライブで聴くと、いやー、やっぱうまいっすねー。

この曲でボーカルをとっているのは
ギター小僧の憧れ、スティーヴ・ルカサーなんだが
ぜんぜんメインボーカルでも通用する歌唱力。
でもこの人、ギター担当だよ。普段はギター弾いてんだよ。
この曲がヒットしたとき、それまでのボーカルが辞めてしまって
バンド内、ゴタゴタしてたんで、急遽、彼が歌うことになったらしい。
でも、しれっとこの歌唱力。全然オッケーじゃん。
スタジオ・ミュージシャンのポテンシャル、恐るべし。

今度の歌会(キャラオケ)では
ぜひともレパートリーに加えたいと思います。

ラジオを聴いていないときは
お得意のネットTV、Gyaoで、やはり
大昔のホームズやポワロのシリーズを観てます。

もう20年以上も前のものなので
一度観てるはずなのに、すっかり忘れていて
改めて名探偵の手腕に感心してしまうのであった。
(やっぱ、やや初老、入ってますな。ち。)

ポワロは、最初に観たときは気づかなかったけれど
ものの見事にアールデコの世界観が投影されていて
謎解きもそうだけれど、小道具、大道具、セットに衣装、
そうしたものにも感心してしまう次第。

それにこういう昔の名作を観ていると
今はスターになった俳優が、
端役で出ていたりして、それを見つけるのも楽しい。

ホームズの「ショスコム荘」を観ていたら
田舎の朴とつした青年役で、すごく端正な顔立ちの
若い俳優が出ていた。「あらま、イケメン。そうだなあ、
ジュード・ロウをものすごく若くしたら、
こんなかんじだな、きっと。」と思っていたら、
彼本人であった。
(最後のエンドロールで確認した。)

やっと気温が下がってきて
夏もそろそろ終わり。
「そういえば、夏休みも今週で終わりだなあ」などと
気持ちも一瞬だけ、20年前に戻ってしまう、
夏の終わりの夜長なのでした。
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳