2013年12月01日

DIM ! (Did It MYSELF!)

TVのリモコンが壊れた。
他のボタンは作動するのだが
一番良く使う電源オン/オフボタンが
なんまいだー状態になってしまったのだ。
なのでいちいちTVの前まで行って
マニュアル操作、つまりTVについてるスイッチを
指でもって押さなくてはならない日々が
ここのところずっと続いてた。

TVはもともと見ないので
ほったらかしにしていたのだが
さすがにストレスを感じ始めたので
電器の大型量販店に新しいのを買いに行ったところ
あまりの高価格に仰天し、購入を保留したのであった。
リモコンってなんであんなに高いんだ?

まあ、あてくしの場合、選択肢がごくわずかに
限られてしまうというハンデもあるんだがな。
つまり、デジアナでTVを観てるくらいなので
うちのTVはすごく古いのだ。大きな声では言えないが
90年代に製造されたもので・・・しっ!・・・内緒だぞ。
だから使えるリモコンも限られてくるわけよ。
そんな太古の昔に製造されたTVに対応するリモコンなんて
そうそう売られてないからな。そういう弱点を見越して
売る側は高価格リモコンしか用意してないんだろうよ。(被害妄想)

で、DIY(Do It Yourself)に挑戦することにした。
こんなに簡単なシロモノ、自分で直せないわけがないっ!
電源が入らないくらいで2000円以上も出したくないっ!
(ファンデーションブラシにはヘーキで出せるが、リモコンにはヤダ)
というわけで、修理方法をネット検索した。

はい。
今は快適に、リモコン、使っております。
簡単に言うと、解体してお掃除して
接触が悪かったボタンの裏のゴムの部分に
アルミホイルを小さくちぎって貼り付けただけ。
これで電流の通りを良くしたのだ。たったそれだけなのだ。
しかし直ったときには部屋中に響き渡る声でがははははははと
高笑いをし、誰も見てないのにガッツポーズをしたのだった。

Do It MyselfからDid It MYSELF(やた!)となるのは
大変気持ちのいいものである。
それにしても。
おいしい指クッキーも焼けて
仔猫の保育士もできて
リモコンの修理までもこなしてしまうあてくし、
あまりに才能がありすぎて、こわい。
と同時に、ますますひとりで力強く生きていける自信が
ついてしまい、こちらも、こわい。
Did It Myself、よ〜くよ〜く考えると
素直に喜んでいいのかどうか
やや迷うところではありますな。ええ、ええ。confused.gif
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2013年12月02日

毎朝、御馳走さん

朝の連続ドラマが高視聴率だそうだ。
あてくしも毎朝、見ている。
なぜかというと、
ノリコちゃんがカワイイからだ。

希子ちゃんというのは主人公の義理の妹で
主人公の家に下宿していた東大生の実の妹だ。
主人公はその東大卒の元下宿人と結婚したので
彼の実家の大阪にて、
義理母、義理姉、義理妹と旦那の5人で
暮らしているのだ。

万事において無口で控えめ、
話し声も小さくて、ひっそりしたかんじの
女学校に通う希子ちゃん。
まあ、あれだけ気の強いお姉さんと
したたかなお義母さんの
殺し合いになりそうないがみ合いの中にいたら
ああいう性格にもなるけどな。

で、その希子ちゃんの可愛さを
毎朝確認するファンが多いので
視聴率がいいのだと推察する。
先週もまた記録を更新したそうだが
それは金曜日が多くの希子ウォッチャーにとって
期待度マックスな回だったからである。
あの超超内気な希子ちゃんが
大勢の人の前で焼き氷の宣伝歌を歌う、
という回だったのだ。
しかも上手かった。

希子ちゃん役をやっている若手の女優さんは
歌声からヅカ系の人なのかと思ったら
なんと元ピーターパンなのだった。どうりで。
しかもピーターパン時代の宣材写真や
ポスターをみたらば
すっげーキツそうな顔していて
女子プロレス選手みたいな風貌で
今の可憐な希子ちゃんのおもかげ、ナッシング。
180度違っていて、役柄によって
ここまで自在に変貌できるとは
プロだなあと感心しきり。
だって希子ちゃん、本当にかわいらしいんだよ。
三億円事件を軸にしたコックローチ、もとい、
黒河内に出てる、地味で真面目で
頭はいいけど目立たない女学生、みたいな刑事役をやってる
ゴーリキー・うしろの百太郎・アヤメちゃんと
いい勝負なくらい、かわいらしい。
(アヤメちゃんはこのドラマに限り、
とてつもなくかわいい)

必要以上に煽ったり騒いだりしなくても
内容が面白ければちゃんと人は見る。
数字もちゃんとついてくる。
っていう忘れかけてたドラマの基本を
久々に提示してくれる、
希有な番組あるともいえよう。
というわけで明日もまた
「今日もノリコちゃん、かわいいなあ」で
1日が始まることであろうよ。
可愛さいっぱい、御馳走さんっすっ。

公式サイト
かわいい希子ちゃん、見られます。)
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2013年12月03日

飛ぶ記憶

そのコトバを発する直前まで
目の前にあるその物体がなんであるか
正確にわかっていたのに
突然、その名称をど忘れしてしまうことがある。
その文字の残像が頭の中に残っていて
落ち着いて考えれば出てきそうなのだが、
どうあがいても思い出せない。

わかっていたのだから思い出せるはずだ、
という考えがある一方、
覚えていたのに直前で忘れてしまったという
その事実に驚愕し、慌ててしまい、
結果、それは最後まで謎のまま
思い出せないで終わったりする。
そして、どうでもいいときに
ひょいっと頭に浮かんだりするのであった。
ええい、いまいましい。

それはおそらく、直前に脳内に受けた
精神的または感情的な衝撃によって
引き起こされる事象であると推察するのだが
最近、このサイトを眺めていて
何度かそういう状況に陥った。
名前を見て現在のお姿の画像を確認した途端、
良く知っていはずのその顔が
脳の中から噴霧のごとく消えてしまったのだ。
想定外な衝撃があったためだ。

djrioblog
New Wave artists aging gracefully.
An 80′s world gone by…


80年代に活躍したアーティストの現在。
ブログのタイトルは
”いい年齢の重ね方をしている
過ぎ去りし80年代ニューウェーブのアーティストたち”、
みたいな意味だが、どこが!?と思うような人が
少なくない。つか、もう、なんとういうか、
突っ込みどころ満載で、
どこからどう突っ込めばいいか、
途方に暮れる始末。
原型若かりし頃の面影ナッシングな方々、
多すぎ。

エナジードーム(水色のへんな帽子)を被ってなければ
DEVOだとわからない、というのは昔からだからまだいいけど、
アダム・アントなんて胡散臭そうなおっさん状態だし、
ビリー・アイドルは、おっさん通り越して
ビリーのコスプレしてるお爺ちゃんにしか見えないし、
カルチャー・クラブも「え、こんなメンバーいた?」だし
コリー・ハートやピーター・ガブリエルなどは完全に
脳内画像噴霧消去状態で、
どうしても原型が思い浮かばない。

ピーガブに至ってはPVがいろいろと大賞に輝くくらい
有名だったのでしょっちゅう見てたはずなんだが、
今のお姿を見た途端、昔の顔にモザイクがかかってしまって
どうしても顔が、顔だけが、浮かんでこないのだ。

ど忘れ、というよりも
昔の記憶と数秒前に見た記憶を
どうやって混在させればいいのか
脳が途方に暮れてしまい、
「もういいや、放っておこう」と
ギブアップしたかんじだ。

そういえば、かつてピーガブの不倫相手だった、
その昔は妖精のようだった女性アーティストも
現在の姿が掲載されていたが・・・・
そっとしといてあげよう・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

笑えたのはやはり、脚注にも「首相ではない」って
わざわざ書かれていたあの男性シンガー。
この人ってば昔から、アーティストっていうより
ビジネスマンにしか見えないんだよなあ。
いつもスーツ姿だし、狡猾でふてぶてしいイメージに
ますます磨きがかかって、どうみても現在は
ブラック企業の社長とか、悪徳弁護士とか
汚職議員とかにしか見えない。

というわけで、こういうサイトを眺めてると
まあ毎度のことなんだけれど
月日はやはり確実に、流れているんだよなあと
いやでもしっかり認識させられるのであった。
どうりで記憶も頻繁に、
飛ぶわけだよなあ。
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2013年12月04日

ロングセラーな理由

乾燥の季節である。
お肌もそして髪も、
水分が抜けがちな季節である。
でもまあ、実はそれ以前の、
正確には夏の前から
あてくしの髪はぱっさぱさなのであった。

現在あてくしは、月1回、
弱酸性のカラーリングをしているのだが
そこの髪結い屋が勧める
自社ブランドの弱酸性シャンプーを使ったら
ぱっさぱさな髪になってしまったのだ。

それでもそれを使い続けているのは
普通のシャンプーを使って洗髪すると
せっかくカラーリングしたのに、
激しく色落ちしてしまうのと、
洗い上がりの地肌の気持ちよさのためだ。
髪の毛穴に詰まった皮脂、落ちてます!な
感覚で、地肌が軽いのだ。

しかしながら、寒くなるにつれ、このぱっさぱさだけは
どうにも気になり、なんとかならんものか?と
いろいろなヘアケア製品を試してみたのだが、
落ち着いたのは、昔からある
「大島 椿油」なのだった。

いやー、祖母の鏡台の上にあったの覚えてますけど、
今でも現役バリバリ(古語)で、
しかも高級ブランドっぽくなって
ドラッグストアの棚に陳列されておりました。

実際使ってみると、これが意外にもすぐれもの。
オイルなのにべとべとしないし、静電気も落ち着くし、
夜会巻きでも髪はバッチリ(死語)まとまり、結いあげずに
降ろしてもグー(ミイラ語)な状態をキープ。
さすがにツヤだけはそう簡単には戻ってこないが
これだけのコスパの高さなら満足なのであった。

さて、お肌に使っても良い椿油だが、
実はお肌用にはこれまた別のロングセラー、
「二ベア」が大活躍しているのだった。

普通の青い二ベアではなく、「二ベアソフト」という
もっとずっと肌になじみやすい軽いクリームだ。

二ベアというのはどこでも手に入るし
大昔からあるけれど、かのカルーセル麻紀師匠も
塀の中での生活を余儀なくされた際、
それまで使っていた高級クリームが使えなくなって
肌がガサガサになってどうしようかと思っていたら、
看守さんが二ベアをくれて
それをつけたら今までのどんなクリームよりも
お肌がすべすべのぴかぴかになった、という話を
以前どこかで語っていた。

最近だと世界的セレブに人気の某有名高級クリームと、
成分がほぼ同じことが発覚して話題になっていたが、
ほんとにコレ、あなどれない。
乾燥するこの季節はお肌のトラブルも
いろいろと起こりやすいのだが、ベッドに入る前に
ちゃちゃっとこれを軽く塗って眠ればそれでおっけー。
マッサージだとかパックだとか、単に「塗る」意外の
メンドーなお手入れは一切なし!

というわけで、ロングセラーには
ロングセラーになるだけの理由が
歴然と存在したのであった。良かったら
一度試してみるがいい。

ただし、匂いはちょっと好き嫌いが
わかれるかもしれない。椿油はあぶら臭がするし
二ベアにいたっては青缶よりはましだが
例のあのニオイだし。それでも緊急の際には
出動させてみるのも、一手かも
しれなくもないかもしれないかもしれない。
(どっちだよ、久々)
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2013年12月08日

クルシミマス・ワンダーランド

寒くなるとトイレが近くなる。
(いきなりビロウな話で恐縮です。)
外の寒さをしのぐために
なるべく建物の中を通って移動しようとすると
外と建物内の気温差の激しさに
尿意をもよおしてしまう事が多くなり、
結果、トイレ訪問の頻度が高くなるのであった。

そんな寒さをしのぐ建物のひとつにも
クリスマスの影が忍び寄っていた。
大々的にではなく、ちょっとしたところに
そぉ〜っと、でも確実に潜んでいたのである。

それはちょっと背丈の小さめなツリーの集団だった。
ただしそのツリーたちの飾りは、なんというか、
クリスマスというよりクルシミマスといった感のある
実にシュールなものだった。天使の顔は
肌色のみで塗りつぶされていたり、
目鼻の配置がピカソ風だったり、
短冊みたいなのが飾られていたりで
どうみてもハレルヤを醸しだす雰囲気ではない。

よくよくみると、それらのツリーたちは
区内の保育園や幼稚園の
”ちいさいおともだち”が作ったものを
飾っているのだった。
なるほど、どうりで。たぶん作ってる最中に
ちいさいおともだちの方々は、
途中で飽きちゃったんだろうな。
だからこんなホラーなツリーになってしまったんだよね。
まあ、見る側としたら、とても珍しくて楽しいけどさ。

などと考えながら、同じビル内の
100円ショップの前を通りかかった。
もちろんここでも店頭を飾るのは
クリスマスグッズである。
ツリーの飾りだのリースだのキャンドルだの
てんこ盛りで、これでもかっ!といわんばかりの
気合いの入り方である。

が、しかし。・・・・あれ?
ついこの間まで、うしろのほうにもあった
クリスマス商品がなくなり、なにやら
竹やら梅やらみかんやらが見え隠れしている。

そう、ここではお正月の影が
すでに忍び寄っていたのであった。
来週あたりは、うしろに控える”しめ縄軍団”
”お飾り小隊”が、クリスマスグッズと同じくらいの
スペースを占拠するであろうことは
想像に難くない。

この国ってば本当に
理解にクルシミマス・ワンダーランド。
許容範囲の広さと節操の無さは
表裏一体。
ずっとこのままなんだろうなあ。
これから先も。

などということを考えながら、
再び建物内のトイレを訪問し、
温かい便座に座り
温水ウォッシュレットの心地よさに酔いしれながら
「出たくないな〜〜」と個室に居座る
冷え性なあてくしなのであった。
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2013年12月12日

大は小を

ご近所のお金持ちの家は
庭が広く、その庭の奥には
巨大なるもみの木が立っている。

あまりに大きくて
普段は目の中に入ってしまっていて
見えているのに見えてないという
摩訶不思議な状態になっているのだが
先日、自分ちの猫額庭にある
いろはもみじの剪定をする際に
上を見上げて、件のもみの木が
いかに大きいものであるかに
改めて驚かされた。
momi.jpg

それにしてももったいない話だ。
これだけの木に
クリスマスのデコレーションをしたら
ちょっとしたランドマークにもなれるのに。
おそらく上空のヘリからでも確認できると思う。
しかし、今年も、ほったらかし。
あてくしと同じように、この周辺に住む人々は
ここにもみの木があることさえ
見えているのに気づいていないことだろうよ。
もしかしたらお金持ち家族たちも
気づいていないのかもしれなくもないかもしれない。

大きいといえば、これもぎょっとした。

親戚が送ってきてくれたリンゴなのだが、
第一弾はまあ普通サイズのリンゴ(サンふじ)で
密もいっぱい入っていておいしく頂いたのだが
第二弾として送られてきたのは
赤ん坊の頭くらいはあろうかという
巨大サイズのリンゴなのであった。
sun fujis.jpg

一度に一個は食べられない、
ボリュームのあるシロモノで
しかもこれも密がたっぷり入っているのだが
この密(ソルビトール)は、りんごを変色しやすく
保存のきかない状態にしやすいので
とにかく早く食べてしまわなくてはならないのだ。
この大きさでボケたリンゴになってしまったら
持て余すのは目に見えている。

まあ、そうなったら、圧力鍋の出番だがな。
大量にリンゴジャムを作ればいいんだが、
でもこのジャムだってノー保存料であるのだから
とっとと食べてしまわなくてはいけなくて、
結局、早く食べなくてはいけないことにかわりはない。

というわけで、
大は小を兼ねる、ということわざがありますが、
大はまったく小を兼ねない、という例を
紹介してみました。

りんごが無事、すべて消化されたあかつきには
来年のクリスマスまでもう二度と
りんごは見たくないという状態に
なっていることであろうよ。2220_boring.gif
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2013年12月20日

りんご三昧

前回も書いたが
りんご追分、じゃなかった
りんごに追われる日々である。
早く胃の中に収めねば
おいしい時期はあっという間に
過ぎてしまい、あとには
ボケボケのおいしくない物体が
残されるのみ、なのだ。

というわけで、りんごでジャムと
リンゴ入りのケーキを作ってみました。
apples001.jpg

奥に見えてる瓶がりんごジャム、
手前のがリンゴをソテーして
生地に混ぜ込んだアップルパウンド。

picks001.jpg

ひとつは例によって
表面のカリカリ部分をつまみ食い。

写真だとわかりにくいが
材料をていねいに混ぜただけあって
中身はキメの細かいふんわりパウンドになった。

あてくしは「何これ、火通ってる?」的な
しっとりパウンドが好きなので
混ぜるときは丁寧にするのだ。
おかげで腱鞘炎にでもなりそうな勢いだ。
電動かき混ぜ機欲しいと思う
りんご三昧な今日この頃なのであった。

レシピは
「りんご パウンドケーキ -cockpad.」
で検索したものを参考にした。
(件のサイトは、何を作ってもいつも
いまいちおいしくないので、レシピ検索のときは
「除外」している。そのほうが信頼できるレシピに
当たる可能性が高いのでな。)

というわけで、贈答用に飾り付け、
picks002.jpg

一応、りんごの消化は済んだ。

というわけで、部屋の中は
りんごのかほりでいっぱいだ。
ソテーしたり、焼いたりで、甘酸っぱいかほりが
狭い家の中の、どこへ行っても香る、香る。
師走の前のりんご三昧な日々、
文字通り、満喫、してます。はい。
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳