2014年05月04日

おそるべきパワーの話

最後に「コンサート」に行ったのはいつだったか。
もう思い出せないくらい昔。
もしくは思い出にもならないほど
つまんないものだったか。
またはローカゲンショーで忘れてるのか。

まあいい。
で、コンサート、である。
母が「ずん、ずん、ずん、ずんどこ」で有名な
某歌手のコンサートに行った。

北島S郎先生くらいになると、コンサートではなく
”公演”となるが、アイドル的存在のH川君は
チケット発売サイトでもちゃんと
「H川Kよしコンサート」と銘打っているので
コンサートでいいのだ。

デビュー15年のH川君は依然、人気があり、
最近の、あの降ってわいたような
胡散臭いスキャンダル記事をものともせず、
集客力は安定していて、会場は満員御礼、
3時間近くのノリノリのコンサートだったらしいのだが、
嬉々としてKよし君がいかに可愛かったを語る
母の話には、フシギな点があった。

最大のフシギは
「お土産付きである」ということだった。

「今回はね、三色パンとジュースとキャンディ。
いっぱいもらってきちゃった。」
ということは毎回、お土産が?!
「そうよ。和菓子とかサンドイッチとかはっさくとか。」

”お土産”としては随分ピンポイントだし、
大体において、なんでコンサートでお土産?
普通、コンサートで主催者そこまでする?
と疑問を抱いたが、実はよくよく話をきくと
この”お土産”、主催者側とはまったく関係ないところから
出てきたものだったのである。

母はここ数年、徒歩20分とかからない会場で
彼がコンサートをする度に出向いているのだが、
全国津々浦々からやってくるH川君のファンは
たいそう気前の良いババア年配の女性が圧倒的に多く、
彼女たちは会場で知り合った隣の席の人たちなどに
食べ物を振る舞うのが常なのだという。

だって見ず知らずの人でしょう?なのに
お菓子くれるの?
「そうよ、すぐ友達になれるの。K君ファンだから。
Kヨトモっていうのよ。」

最近”墓友”というのは覚えたが、
Kヨトモというのもあるのか・・・。

「だからね、H川君のコンサートに行くと、
帰りは荷物がいっぱいで大変なの。
徒歩で行けるとこで本当によかったわあ。」
と、会場で2列うしろに陣取っていた
Kヨトモからもらった紙パックのジュースを
ちゅうちゅう飲みながら満面の笑みで語る彼女。

年配女性パワーおそるべし。

そして最後のダメ押し的フシギ。

「でもねえ、今回は休憩が入らなかったのよ。
いつもは30分入るんだけど。
ぶっとおしで3時間近くだったのよね・・・。」

え?コンサートで休憩30分?なんで?
そんなに激しく疲労困憊するステージが
繰り広げられるわけ?

「違うわよ、トイレ休憩よ。」
こともなげに答える彼女。

そうなのだ。これはステージ上の
H川君のための休憩ではないのだ。
客席の多くを占める年配ばばあ女性のための
休憩なのだ。彼女たちは当然、トイレが近い。
しかもどの会場でもその数は限られている。
なので順番待ちも考えての休憩時間設定なのである。
老若男女の参加、会場内飲食、
お菓子交換にトイレ休憩とくれば、
これはもはやコンサートではなく、全校遠足である。

トイレ休憩入れるくらいなら
会場内での飲み食いを
やめればいいと思うのだが、
それができないのが彼女らのサガらしい。

年配女性パワー、おそるべし。

というわけでローカゲンショーが着実に進むあてくしも
いつかこのパワフルな先輩方の仲間入りをする日が
来るのだろうか。

来るんだろうな。この母の娘だからな。

今はただ、その日が近くないことを
切に祈るばかりなのであった。
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2014年05月13日

無意味に○○、なぜ?

世の中にはたまに
「なんでこれ、こうなんだろう?」
というようなシロモノがあって
ふと小さな疑問が湧きあがってくる。

でもそれはべつに
大きな疑問にはつながらないので
「まあ、こういうのもアリかもな。」で
たいていは終わるのだが、
どういうわけだか、そうしたシロモノとは
立て続けに巡り合ってしまうものらしい。

ここ数カ月の間に巡り合ってしまったものたちは
「無意味に○○」なシロモノたちであった。

『無意味にホラー』
金魚草はちらほら咲いていても
可憐でかわいいけれど、
群生していても迫力があってキレイ。
お地蔵様に咲いていたこの金魚たちは
色とりどりでたいそう賑やかだった。
fishy.jpg

しかし、この金魚たち、枯れるとどうなるかご存知だろうか。
こうなるらしい。
kingyo.jpg

こ、こわすぎ。


『無意味にキュート』
あてくしは緑茶がキライで
日本茶全般が苦手なので
こういうものは必要ないのだが、
プレゼントにするにはいいかもしれない。

でもまあ、あてくしへのプレゼントには
是非、遠慮してもらいたいけど。
毎回上目遣いって、なんか下心ありそうで
疑心暗鬼になりそうだしな。

tanuu.jpg
うふふ、とか囁きそうな目つき。
Livedoorニュース タヌキ型急須
http://news.livedoor.com/article/detail/8814841/


『無意味にクール』



最初、何がはじまったのかと思ったけど、CMだった。
でもハリウッド発超大作のトレーラーみたいなんだが。
犬も猿も無意味にクールすぎるし、キジに至っては
完全にドラァグクイーンと化してるし。
鬼、すっげーガタイのいい巨神兵みたいだし。

でも基本、昔話の「桃太郎」なんだけどね。
http://www.pepsi.co.jp/menu.html

ところで、桃太郎が現在主演している『BORDER』は
頭に弾丸が入ったまんまになってて
そのせいで死者とお話しができるようになった
刑事が主人公のドラマなんだが、
あてくしは最初から好きで見ているんだが
なかなかに面白い。見ていて
「ふむふむ、そしてそして?」となる展開なので
わりと真剣に見てしまうのだった。

ストーリーも面白いんだが、主役クラスの3人の刑事
(桃太郎・同僚・上司)が揃って背が高くて脚長くて
カックイーので絵的にもとてもグー。そして
ひとくせもふたくせもある脇役もよろしい。
とくに表向きは行政書士の看板を掲げながら
実は天才ハッカーユニットという
”サイモン&ガーファンクル”は無駄にクールでラブリー。
だって自分たちの写真をデスクトップの壁紙にしてんだよ。
どんだけナルシスなのよ。

SandG.jpg 
裏稼業はハッカー。壁紙の写真はコレ。
sg.jpg
オリジナルはもちろんこの方々。

無意味にスタイリッシュ。なぜ。
まあ、いいけど。

BORDER
http://www.tv-asahi.co.jp/border/
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳