2014年12月01日

鬼も笑いそうな愉しみ

とうとう本日より今年最後の月となったので
カレンダーをめくってみた。

あてくしお気に入りの旧暦&月の満ち欠けプラス
俳句及びイラスト満載カレンダーは
眺めていてとても楽しいのだが、
時々「は?」となるようなイラストが掲載されている。
大抵は「フ。」と失笑で終わるのだが、
今回発見した「は?」は、
よりにもよって、今年最後の日、
大晦日の欄にあったのだった。

jyoya.jpg

どうよ、これ。
瞬時に思い出したのは
忘れもしない、数年前の
新年あけての意表を突く
東大寺のこの初笑いであった。
https://www.youtube.com/watch?v=wR_Qk8F_VTQ

たとえば知恩院では、かなりダイナミックな
鐘の突き方をすることで有名だったりするので、
それ系統なのかも、と解釈できなくもないがしかし、
それでもこのイラストはどうみても
すってんころりん感満載。
なんでよりにもよってこんな絵を・・・と
何度眺めてもそう思わずにはいられない。

ま、よくわからないが、楽しいことには変わりはないので
来年も同じシリーズのカレンダーを購入した。
来年はどんな「は?」がいくつ出てくるのかいまから愉しみで、
鬼ではないが笑ってしまいそうなのであった。
フ。

追伸:
「これが正当な撞き方だ」という意見もあって、
何をもってそう言ってるのかと尋ねたら
「前にTVでみたことある」だった。ケッ、その程度の情報かよ、
おまえがすってんころりんしてしまえっ!だ。
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2014年12月09日

短いようで長い月日

週末に昔のドラマを何本か観た。
今や大女優のナカマユキエが貧乳マジシャン役、
今や視聴率男のアベちゃんが巨根物理学教授役、
バイでもメインでも器用にこなす売れっ子ナマセさんが
おそろしく不自然な異物を被ったヅラ刑事役、
という、今考えると(いや、当時もだったけど)
とんでもない設定でかなり豪華なキャスティングのドラマだ。

豪華なキャスティングは脇を固める役者も同じだ。
観賞したエピソードのほとんどは10数年前のものだったのだが、
当時は「この人、よく見かけるなあ」くらいだった役者さんも
いまやドラマに出演すると、堂々とエンドロールで
早々に名前が上がってきたりする人たちばかりだ。

でもそれより感慨深かったのは
あまりにもすでにこの世にいない役者さんが
多数出演していたことだった。
「あ、この人もういないんだよなあ。」
「あれ、この人もいないよね。」
「え、この人もじゃなかった?!」
という展開になってしまって
もともとろくでもないストーリーなのに
さらに気が散って集中できなくて困った。

高齢の役者さんなら、まあ干支が一回
ぐるっとまわるくらいの月日が経てば
お空の彼方へ旅立ってしまっても自然だけれど、
ここに出てきた役者さんたちは、まだまだこれから、
という世代の人たちだった。舞台や劇団出身の
ひとたちだったから、旅立っていなかったら
きっといまでも役者を続けていて、きっと多くの人々から
「あのヒト出てるならちょっと観てみようかなあ。」と思われる、
いぶし銀のような素敵な役者さんになっていたと思う。

などということを考えると、
『10年ひと昔』とはいいつつも
後から振り返れば短く思えても、
長い長い月日だったのねえ。

そう。その証拠に貧乳マジシャンの顔も
微妙に変わっていた。あてくしがこの番組を
当時観ていた理由は、彼女があてくしのタイプの
美人だったからである。彼女はこのドラマの前に
堂本兄弟のひとりが主演していた、あてくしの大好きな
日テレ土曜日9時枠のドラマに出演していて
「綺麗な子だなあ」と毎回感心していたのだ。

だからこのドラマが始まった当初も
なんでこんな綺麗な子を、ビンボーで貧乳で
冴えない売れないマジシャン役に
キャスティングするんだろうと思ったが、
彼女はわりとすんなり役になりきり、
そしてこのシリーズはその後何年も
スペシャルだ映画だといって、ずるずる引っ張れる
テレ朝のドル箱コンテンツとなったのだった。

その後は大河やるわ、朝ドラで視聴率稼ぐわ、
大変な出世なのはご存知のとおり。でもねえ、
今はもうあてくしの好きな顔じゃないのよね。
もちろんいまもキレイだけれど、なんでかなあと
「おまえらのやってることはまるっとお見通しだっ」と
カメラ目線で叫ぶ彼女をぼんやり眺めながら
思っていてふと気付いた。

色気がないんだわ・・・。
最初の頃はまだ、ふわっとした色っぽさが
今より若かったけれどあったのよねえ、不思議と。
でもそれって、この地で国民的女優となるには
おそらく一番不必要な要素なんだろうなあ。
だから今の彼女には色気皆無。キレイだけどね。

そうか。だから素敵な女優さんがいないのか。
だからドラマつまんないのか。
だからこうやって懐メロならぬ懐ドラにはまるのか。
などと考えながらも、この後、別のドル箱コンテンツ
『相棒』にて連続殺人鬼となって大暴れする
矢部警部補の見事なヅラぶりを、これまた感心して眺める
あてくしなのだった。いやー、ほんとに芸達者っすな。

trk.jpg
矢部がいちばん矢部らしいポーズをとっている。ナマセ氏、完璧。
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2014年12月10日

疑似体験

twt.jpgjade@zapparblog
最近ものすごくほめられたモノマネは
キャットフードを食べすぎてゲロる前の猫族の声。自分でも
ほれぼれするほどうまいと思う。ぐっぐっぐっという喉の鳴らし方、プロ級。

twt.jpgjade@zapparblog
そしてこのゲロリ音が聞こえたら、3秒以内にそばにある
ティッシュとか新聞紙とか掴んで猛ダッシュしてそれらを
猫族の前に置く。危機回避。猫飼リスクマネージメントの基本。

twt.jpgjade@zapparblog
買い物途中に通る投票所に行った。わりと人がいた。なぜか
高齢者ばっかだったけど。しかもなぜかペアだった。男女、男男、女女、
ぼっちで70歳以下はあてくしだけという異様な光景。#期日前投票

twt.jpgjade@zapparblog
ホントは行くのやめようかと思っていた。だってあてくしが投票すると
絶対当選しないんだもの。デスノートDeath Noteならぬ
デスヴォートDeath Vote!うまい!ヤマダ君、ザブトン1枚!#期日前投票

twt.jpgjade@zapparblog
安いプリンタ買ったらケーブルが付いてなかった。安いからかなあと思ったら
2008年から値段に関係なくああいうオマケは付いてないんだって。

twt.jpgjade@zapparblog
で、近所のなんちゃって電気屋チェーン店に行ったら案の定、
欲しい長さのケーブル無くて。ち、と思いながらダメもとで近くの
ダ●ソーのぞいたら、100円で売ってた。うっそ。電気屋のは
700円くらいしてたのに。災い転じて福となす。あってるか?

twt.jpgjade@zapparblog
もう何度も撮ってるけど、全然うまくならない月写真。
どうしても絵っぽくなる。写真みたいな絵は評価高いけど、
絵みたいな写真は全然評価が低い。つか、評価されない。

twt.jpgjade@zapparblog
墨絵じゃないよ、写真!ほんとだってば!

bokujyu.jpg

RTもフォローもできないつぶやき、個人的には好きだな。
この無責任な垂れ流し感がツボるな。
備忘録にはいいかもしれんな・・・・ってか、あてくし、
本家のアカウント持ってるんだった。
でも疑似体験で満足したし、今までもほったらかしだったから
これからもほったらかしておこうっと。bigsmile.gif
(本当はパスワードを思い出せないのであった。)
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2014年12月19日

トカゲ目の箱師

本格的に寒くなってきた。
なので、お庭の猫族用B&B
(野良族用段ボール簡易ホテル)も
本腰を入れて作製している。
(参考画像はこちら

まずは手ごろな段ボール選びから始まる。
スーパーなどには、商品を店出ししたあとの
膨大な数の段ボールを置いてあるスペースが
必ずある。「ご自由におとりください。」的な。

段ボールは大小さまざまにある。
縦長のものもあれば横長のものもある。
そこから適正なる段ボールを選び出すことが
正しい箱師の道の第一歩である。

これは洗濯機の上に置くべきサイズなのか、
はたまた縁の下に置くべきサイズのものなのか、
断熱シートを敷いた際の中の大きさは適切なのか、
猫族が中で伸びや毛づくろいができる余裕があるのか、
などなど、箱師として押さえておくべき点は
山のようにある。真剣に目を光らせて
ひとつひとつを吟味し、究極の段ボールを選び出す。
箱師に妥協は許されないのであった。

そして次は100均である。ここは猫飼い箱師の
御用達ショップである。フリースからクッション、テープ、
断熱シートからカイロやカイロカバーに至るまで、
何でも揃う。しかも、ぜんぶ100円。
「あれはこれに使える」「これはあれに使える」と
頭の中でアイデアを生みだしながら
ここでもやはりトカゲのように目を光らせて
商品を物色するのであった。

そして家に到着するやいなや、
作業に取り掛かる。
慣れた手つきで段ボールを組み立て、
テープで留め、出入り口をカッターで開け、
(さらりと書いているが、実はこれは
非常にデリケートな作業である。出入り口は
小さすぎては通れないし、大きすぎると
風が入って寒い。しかもカッターで切るので
失敗は許されない。適切なサイズを
一発でキメなくてはならないのだ。)
中に断熱シートを敷き、クッション、
フリース等々を押しこんで
一丁上がりだ。

そして設置。やはり見立て通り、
縁の下のあの隙間に、寸分たがわず、
ぴったり嵌まるサイズで段ボールB&Bがおさまると、
我ながら自分の箱師としての才能が
ちょっと怖くなったりもする。スバラシイ。
他にはなんの役にも立たない才能だが。

というわけで、寒い毎日、
皆さまがどうお過ごしでいらっしゃるのか
そんなことは知ったことではないが、
あてくしは箱師として、自分の防寒そっちのけで
猫族の防寒ために心血を注ぐ毎日なのであった。

スーパーの片隅で
トカゲ目で段ボールを選んでいる女がいたら
それはあてくしです。しかし、間違っても
話かけてはならない。作業中の箱師は
作業を中断されると、ほんとうにトカゲのように
威嚇するおそれがあるので。
さわらぬ箱師にタタリなし、なのである。
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | 猫族にゃ。