2015年02月02日

天井から肉球

屋根が抜けた。ずぼっ、と。
もちろん居住建築の屋根ではない。
室外に置いてある洗濯機の上に設置した
屋根である。なぜか。
猫族のひとり、元魔尿使いハリーが
何度もやめろと注意しているのに、
猫よけのブロックも置いておいたのに、
それらをものともせず、巨体でジャンプしたため、
もともと古くてひどく傷んでいたプラスチックの屋根は
落雷でも起きたかのような轟音とともに
見事に抜け落ちたのであった。
屋根にあいた穴からは、一瞬、
ハリーの脚がのぞいていた。
天井から目薬、ならぬ、天井から肉球。
(ヤツはもちろん、脱兎のごとく走り去り、姿を消したのだった。)

業者に修理を依頼すると、先週の水道修理以上に、
目の玉が飛び出したまま、もとに戻らなくなるくらいの
大出費となるため、やはり知り合いにお願いして
きっちり修理してもらった。もちろん老舗ブランドの、
今回は奮発して高額な羊羹をば、進呈したけれども。

それにしても。
これはどういうことなのだろうか。
やはり枕を西向きに変えたせいだろうか。
はたまた、アクセサリー類をまとめて処分したせいか。
それともバスルームの鏡を
ダイヤモンド粉入りパッドで磨きあげたせいだろうか。
なによりも気になるのは、
これらの破損・修理が続けざまに起こるのは、
はたして良き兆候なのか、それともその逆なのだろうか?
ということだ。

立春も目前に迫った今日この頃、
やはりこれは春が来る前に
あらゆるメンテを済ませておけ、という
何かからのメッセージなのだろうか・・・・

と、うだうだ考えていたら、
霊感が強いと噂のある人に
きっぱりと言われた。

「それはですね、
家が古いだけだと思います。」

イエス、ザッツライト。冷静になって考えたら
築●十年なんだから、あちこちガタが来て当然なんである。
それがまとめて噴出したってだけの話でな。

でもまあ、二度あることは三度ある、というからな。
今後なにか起きても冷静に対処する所存でございます。
まあできれば、老舗和菓子ブランドに走らなくても済むよう
あてくしのDIY能力で太刀打ちできる範囲での
”三度目”であってほしいと願う、今日この頃なのであった。
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2015年02月24日

海浜マクワウリのアジト

先日、あてくしは千葉の某所にある
通販会社のアジトに行ってまいりました。
tv01.jpg
巨大通販会社アジトの内部↑

そこには別の通販会社●ャパネットとのアジトと同じように、
自社スタジオがあり、そこからライブ放送していて、
それを観覧してまいりました。
いつも「こんな罰ゲームみたいな服、
いったい誰が着るんだろう」とフシギに思っていた
カアイオカダのショウをライブで満喫してしまい
あやうく買ってしまうところでした。
ライブ観覧とはおそろしい魔力を秘めているのです。

その前にカフェテラスで試食会も催されました。
それがまあ、おはなしにならないくらい
おいしくないものの連発で、しかも
せっかく一張羅を着込んでいったというのに
メインとしてカレーうどんなんか出しやがって
マヌケなお地蔵さんみたいなエプロンつけて
カレー汁をびしばし飛ばしなからの試食は
それが全然おいしくないこともあって
いま考えても腹の立つプログラムでございました。

このイベントに誘ってくれたソレイユによると
「前に来た時は誘導の段取りがすごく悪くて
職員も対応がカンジ悪くて、サイアクだった。ただ、ブースは
もっといっぱいあってすごく楽しかったけど。」という
ことでした。自社ビル作る前は近所の体育館みたいな
展示場でこうしたイベントを催していたらしく、
生放送観覧はもちろん、いろんな商品のブースがあったらしい。
そしてそれらを紹介する、TVでお馴染みのブランド代表者や
商品コーディネータも沢山いて、直接話がきけて楽しかったらしい。

今回の観覧はカアイオカダだけだったので、ソレイユ的には
不満だったようですが、生放送で観覧したマダム岡田は、
ライブということでテンションもマックスに達してしまったようで、
いつもにも増してエネルギッシュに暴走しまくっているのに対し、
ナビゲーターのほうは商品紹介をしながら暴走するマダム岡田を
落ち着かせなくてはならず、なおかつ客入りの生放送なので
放送事故は許されない、ということで、
いつも以上のプレッシャーの中で神経を尖らせつつ
番組を進行している必死感があり、
その対比が観客としてはたいそう楽しかったのでした。
tv02.jpg
最終的には客席に降りて前列全員と握手までしてしまうという
暴挙に出た、暴走サービス満点のマダム岡田。たのしすぎる。もちろん、
彼女と彼女のブランドへの称賛の拍手、および、
賛同のうなずきの強要はデフォルト。


というわけで、アジトの見学はおしなべて楽しかったのですが、
千葉までの道のりは決して楽しいものではありませんでした。
高層ビルや喧騒の中で生まれ育ったあてくしは
その真逆の風景(どこまでも続く大きな川とか
どこまでも続く平地とか、ばかでかいホームセンターが
ぽつんと立っているだけ、とか)を観てしまうと
なぜだかすごく不安になってしまい、即刻おうちに
帰りたくなってしまうのです。
車窓から眺める鼠の王国も北欧の家具屋も
だから不安を煽る風景でしかなく、行く前から
ちょっともういいや的な気分になってしまっていたのでした。
それで着いてすぐの試食であのカレーうどんでしょ・・・・
腹たつわー。(しつこい)

でもまあ、大変面白い体験ではありましたので
機会があったらまた参加させていただきたい所存です。
そして、次回はアイマスクを携帯し、ずっと
電車内では眠っていようと思います。はい。

QVCジャパン http://qvc.jp
qvcsqure.jpg
QVCスクエア@海浜幕張、千葉県
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳