2016年04月08日

Flower Festival

いつも通る、お金持ちそうなお寺さんがあって
(いつも高級車がとまっている。外車率高し。)
いつも本堂の扉は閉まっているのだが、
きょうはなぜか開いているのが、
ちょっと背伸びをした塀越しに見えた。

一度は本堂をのぞきたかったし、
門もウエルカム的に開いていたのでそーっと入っていった。

敷地内はしんとしていて、人の気配がせず、
満開の桜だけがただ、はらはらはらはらと散っていて
べらぼうにスピリチュアルな空間なのであった。

そして本堂は、このようなレイアウトになっておった。

hanamatsuri1.jpg
本堂の中は暗かったけど、やはり金ぴかだった。想定内。

そう、本日は「花まつり」であったのだ。
「灌仏会(かんぶつえ)」という名称で知ってはいたのだが、
見るのははじめてであった。要するに、
お釈迦様のお誕生日なのだ。

『日本では、様々な草花で飾った花御堂の中で、
甘茶を満たした灌仏桶の中央へ安置した誕生仏像に
柄杓で甘茶を掛けて祝う』(Wikipedia-灌仏会)
そうなので、あてくしも甘茶をかけてまいりました。

hanamatsuri2.jpg
さあ、わたしの頭上から甘茶をおかけなさい。さあさあ。
わたしはチョコレートでできているわけではないので
甘茶をかけても溶けませんよ。さあ、おかけなさい、祝うのです。


周りにはお菓子が置いてあって、
「ご自由におとりください」とあった。
あらま太っ腹だわ。こちらが差し上げるのではなく、
お誕生日の主役がプレゼントくださるなんて。
ああ、なんて慈悲深いのかしら。

そう思いながら、静かに甘茶をかけさせていただき、
「聖☆おにいさん」ならばイエッサがブッダに
「✨ハッピーバースデー、ブッダッ✨」とか
ライトに言っちゃうんだろうなあ、などと
合掌しながら不謹慎きわまりないことを考えつつ、
桜吹雪の渦を通りぬけて、お寺さんをあとにしたのでした。

hanamatsuri3.jpg
桜、わしわし咲いてました。桜吹雪って幻想的ですなあ。
お掃除はものすごく大変そうですけども。



よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳