2005年05月20日

Mちゃんのこと

おたんこナースをやっているソレイユからきいた話。
最近彼女の職場で「Mちゃん」のことが話題にのぼるそうだ。

この「Mちゃん」は普通に生活している人には見えない
なので年齢不詳だし、姿かたちや顔のつくりもまったく不明。
だが「そこ」に「いる」というのは、複数の証言があるらしい。
しかも「Mちゃん」は相当に神出鬼没なのであった。


ある時は東京タワー展望台の床にはめ込んであるガラス
(下にいる、豆つぶみたいな人や車の景色が見えるようになっている、
高所恐怖症の人が失禁しそうなあのガラスね)を覗くと
そこに浮かんでいたりする

またある時はソレイユの職場である
5階病棟の窓の外に浮かんでいて、
そのまま窓をすり抜けて
病室内に入ってくることもあるらしい。

そうかと思えば寮生のところまで遠征していって
金縛りを体験させた挙句、天井から鼻先スレスレのところまで
赤い糸をだら〜んと吊り下げてみたり、
夜勤時に個室で仮眠を取る看護師さんのところに突然あらわれて
「1から10までの話、ききたい?」
と唐突に尋ねたりするのだった。

もちろん、夜中に患者さんと遊ぶこともある。夜遅くに子供が
ひとりで遊んでいるのを目撃した看護師さん、翌日その子供の母親に
「うちの子、きのうの夜、Mちゃんと遊んでたって言うんですけど…。」
母親も担当看護師も、それ以上深くは追求しない。

ソレイユは「一体誰が連れてきたのかねえ」と
あたしゃ関係ねーわよモードをかましてぼやいていたが、
まさか自分がその後、
涙目うるうるになるほどの恐怖体験
をするとは夢にも思っていなかった。
でもまあ、それはまた、別の話。

ちなみに「Mちゃん」は悪い子ではないようです。
見かけた子供たちはみんな彼女を怖がったり
気味悪がったりしないし、
どちらかというと好感を持っているようす。

一度も彼女を見かけたことがなく、
じぃーっと黙ったまま、
目線だけが何かを追っている患者さんの目の動きで
そこに何かが「いる」ようだと察知したり、
遊び相手がいるかのようにひとり遊びに熱中する子供を
目撃したりしている看護師さんたちにとっては
それどころじゃないみたいですが。フフフ。


よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Comment(3) | Zappar雑記帳
この記事へのコメント
まったくよ〜 時々薄気味悪い体験はしていたが、ガハハ!と笑い飛ばしていたソレイユ様がお仕事中にチビッチャイそうになるとはね〜。。。
いつか夜中の病棟に、お化け探知機肉食獣医モーゼを連れていかなーならんな。
Posted by ソレイユ 2005年05月20日
やめたほうがいいと思う。Mちゃん以外の存在もモーゼにはきっと見えちゃうから。
Mちゃんしかいない、ってことでひとまず納得しといたほうが無難だと思うよ。ひひひ。
Posted by jade 2005年05月23日
…呼んだかえ?

ソレイユの病院には私にでもわかるレベルの資料も粋量も(直感でしか判別つかないけど)普通にウロウロしておるだで、通り過ぎてから気がつくんだよな。
でも皆人のことにかまけていらんないらしくて、
ぞくぞく〜んとする以外に特に問題なし。
でもMちゃんには会いたくないな。
理由は、私こどもキライ。
Posted by モーゼ 2005年06月03日
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。