2005年06月02日

血液型による違い

最近なぜかこのネタによくぶつかる。
たいていB型がオチになってるのが多いけど、
私のまわりにはB型があまりいないので
イマイチよくわからん。というより、
人の血液型やそれによる性格の違いなんて
いちいち覚えてられねーよってのが、ホントのところだけど。
ちなみに私はO型。

昔、ある人に「血液型による性格の違いってよく話題になるけど
簡単にいうとどういうことなの?」と質問したら、その年上の美女は
「たとえばムラハチブ状態になったとしましょう。
Aはそうならないように普段から空気を読む努力をするの。Bは
『ケッ、無視するなら勝手にしろ、やりたいようにやるぜ』って開き直る。
ABはAかB、どちらかの反応をすることが多いわ。そしてO型は・・・・
無視されてるってことに気づかないの。」
簡潔かつ明快な答えに「なるほど」と大いに感心した私であった。
遠まわしに『鈍感』ということを表現したかったのだと理解したのは
ずっとあとになってからだ。

「大雑把」というのもO型の大事なキーワードである。
都合の悪いときは「私、Zappar(ザッパー:おおざっぱな人)ですから」
で逃げることができる。大変便利。

ちなみにその年上の美女(当時40代前半)もO型だったが
彼女には世俗的な血液型云々とかいうタイプ分けは
まったく通用しない人だった。

野菜をほとんど食べず、赤ワインと肉しか口にしないのに
カラダは小枝のように細く、18歳のときからずっと変わらず
ウエストサイズ56cmをキープしていて、
日英仏を操るトリリンガルの、すごくエネルギッシュな
ヘビースモーカーであった。

うーむ、今こうやって書き出していてふと思ったんだが、
「支離滅裂」ってことでは、同じO型として共通点あるかもね。

よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Comment(0) | Zappar雑記帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。