2005年08月07日

As a みみらー

99年から続いていたこのサイト(www.jigokumimi.com)が、
「管理人、上海へ引越す」との理由で、
ブログと掲示板を残して数ヵ月後にクローズされることになった。

続きを読む
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Comment(2) | Zappar雑記帳

2005年08月09日

100円くじ

こういうものはめったに買わないのだが
今回は一枚100円ということもあって買ってしまった。
文字通りの、「100円くじ」。ふふふ。

続きを読む
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Comment(0) | Zappar雑記帳

2005年08月17日

ディーバの災難

4ヶ月間ログインがないと自動的にメール機能がなくなってしまうので
かなり久々にyahoo.comのフリーアカウントの整理をしに行ったら、
「マドンナ、落馬して骨折」という記事を見つけてびっくり。
mdn1.jpeg ”こんな時代もあったのよ” mdn2.jpg

続きを読む
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Comment(0) | Zappar雑記帳

2005年08月31日

Opera、オー、イェーィ!

今日は更新しないつもりだったんですが...
(昨日、そのための言い訳を遠まわしにしといたのに)

Opera(ブラウザね)の10周年記念パーティが
オンライン上で開催されていて、ユーザーへのプレゼントとして
「広告が表示されなくなるコード」をくれるという。

無料で提供されているOperaには広告が表示されるようになっている。
(だから無料で使うことができるんだけど。)
ライセンス登録をすれば、つまりちゃんとお金払って購入すれば、
登録コードが送信されてくるので、それを入力すれば、
ブラウザ上の広告も消えることになっている。

今回はこのコードをお祝いとして期間限定でばらまいてくれるのだ。
「まだ間に合うぜっ!」とさっそくMy Opera Communityに行き、
その魔法のコードをゲットして、入力してみた。結果は
「オー、イェーィ!」

パーティ開催中のみゲット可能、ということなので、
Operaファンは急いだほうがよいでしょう。

詳しくはココで。

よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Comment(0) | Zappar雑記帳

2005年09月06日

めんそ〜れ〜。

台風で欠航になるかもしれないのに、
「欠航で結構、フォーゥ!(HG調)」などという
ノーテンキなメールをとばしていたソレイユ、
無事、沖縄よりご帰館。

年に1度は必ず行っていて、毎回このように
ゴージャスなホテルに泊まるソレイユ。
もちろんプライベートビーチ付きだ。
roomL.JPG room.JPG
(今回はとくにゴージャスだったらしい。)

毎回、怪しい写真やらみょうな土産ものやらを買い込んでくるので
先手を打って「ピュア黒糖を頼む」とリクエストしておいた。
でないと、ゴーヤ模様のTシャツとか携帯ストラップとか
わけのわかんないものを平気でくれるからだ。

しかし今回のお土産はほぼ満点だった。ちゅらさんアロハも
もらったし、百年酢なんていうおいしいドリンクもあったし、
アイスもおいしかった。ちんすこうは黒糖じゃなくて残念だったが。
そしてやっぱりこういうのもまじってた。
mimigar.JPG
黒地に豚の絵がバーンと入ってるクールなTシャツさね。
豚のパーツが沖縄語で書き込んである。勉強になるなあ。
でも一体どこへ着ていくのだ。

水族館ではプロ●ェクトXで見たという
人工尾びれのイルカ、「フジ」を激写。
fuji.jpg
(オフレコ:フジ担当の獣医師が目当てだったというウワサあり。)

そしてきわめつけは、コレ
sharkp.jpg

いや、この部分を強調したくて真剣に激写したのはわかる。
「サメ」って言われたからそうなんだろうけど、でも
一枚くらい全体像を撮ったのがあってもいいと思うんだけど。
まあ、この「お●んちんがふたつ」ってのが大事なんだけどね。


よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Comment(3) | Zappar雑記帳

2005年09月08日

記憶

地下鉄の明治神宮前駅に向かって代々木公園を歩いていた。
台風の夜だったから、夜空を見上げると、
雲がすごい勢いで流れていた。
風が吹いて葉は揺れているのに
なぜか音が聞こえない公園の木々たちは、
暗闇の中でじぃーっとこちらを見つめていた。
黒い森の上に広がる、明るい夜空と流れる雲。
こんな風景を、こういうアンバランスなコントラストを
以前にどこかで見たことがある。そう思った途端、気づいた。
ああ、そうだ。マグリットの絵だ。RM1.JPG


ルネ・マグリットはベルギー人の画家である。
変わった絵を描く人なんだが、彼のかなりヘンなその絵は
見ていると、じんわり切ない思いが伝わってくる絵なのである。
心の中がしーんとしてしまうような哀しさがある絵なのである。
RM2.JPG RM3.JPG
で、そういう哀愁漂う絵のくせして、見終わってしばらくすると、
見る前より元気になっちゃったりするのであった。


ところで彼がよくキャンバスに描く、あの『空』は実在します。
青空と RM4.JPG 白い雲。
あれは、ベルギーの空なのです。
ベルギーに行ったとき、ふと上を見たらあの空だったので仰天しました。
「マグリットの空じゃんっ!」と道の真ん中で上を向いたまま立ち尽くし、
道行くベルギー人に「あの東洋人の娘は頭がおかしいのかしら。」
という不審の目を向けられたのも良い思い出です。


それとタイトルの付け方が絶妙です。
わたくしのハートを鷲掴みにしたのはコレ。タイトルは
 RM5.jpg
「記憶」。


これほどかけ離れていながら
これほどぴたりと合っているタイトルと作品というのも、
滅多にございませんことでしょう。

よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Comment(4) | Zappar雑記帳

2005年10月09日

工場見学@マリオン

工場見学に行ってきた。
世界最大規模のお菓子工場であり、
世界中の老若男女が1度は訪れてみたいと願う、
世界でもっともザッパー度が高くて胡散臭くてミステリアスな
“ウォンカのチョコレート工場”である。

私はオリジナルを見たことがあったので
どういうストーリーかは知っていた。
で、リメイクのこの作品、
大筋はそんなにはずれてなかったんだが、
監督が例のあの人だけに、やはり
彼ならではの趣味と屈折したユーモアと
独特の色使いが炸裂していた。

c_factory.jpg
彼の紡ぎだす世界が好きな私には、
とても楽しい工場見学であった。

主役のウォンカはチョコレート菓子作りの天才ではあっても
頭のネジが5、6本はじけて
どこかへ飛んでいったまま年をとったオトナ子供。
ここんとこますますの怪優ぶりを発揮しているデップが
楽しそうに演じている。なんとなく、
やはりバートンが監督した「バットマン」で、
頭はキレるが性格破綻している悪役ジョーカーを
すごく楽しそうに演じていたJ. ニコルソンを思い出した。

しかし同行した友人は、
「ねえ、なんであんなにジャイケル・マクソンに似ているのかしら?」と
その点がすごく気になっていたようであった。
アメリカでも公開前からそれは話題になっていたのだが、
デップ自身は「意識したわけではなく、役作りをしていった結果、
ああなった。」と、どっかのインタビューで言っていた。

まあ、あのわざとらしいまでの白塗り具合や、オトナ子供なキャラ、
神経質そうな高嗤いは、言われてみりゃジャイケルとかぶるけど、
久々にバートンワールドにどっぷりつかっていた私は全然気にならなかった。

ところで工場見学@有楽町マリオンだったのだが、ものすごい人気であった。
珍しく指定席券を購入。13時の回で観ようと思って40分前に行ったら、
すでに20席しか残っておらず、急遽16時の回でチケットを購入した。
連休最後の今日あたり見に行かれる方々、お気をつけください。

それにしてもこんな工場、行ってみたいね。
とくにあの、リスのいる例のあの作業部屋、
あそこにはぜひ、ぜひ、行ってみたいものだよ。
(でもウンパルンパの皆さんはもう結構です。充分です。)
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Comment(0) | TrackBack(0) | Zappar雑記帳