2016年11月12日

引き寄せない法則

すっかり秋らしくなった今日この頃、
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

亡国、もとい、某国のリーダーを決める投票は
多くの人々の予想を裏切る結果となってしまいましたが、
彼の地に居を構えるあてくしの知人たちの
ツイッターやフェイスブックは、あの日から
フリーズしたままなので、ちょっと心配しています。
おそらくまだ死んでいるのだと思います。お気の毒に・・・
などと悠長に構えている場合ではないのかもしれぬ。
対岸の火の粉がこちらに飛んできて
大火事にならないといいのですが。

ところで、ちょっと前に、運を引き寄せる法則が云々というのが
ブームになって、あてくしも図書館で何冊か借りて読んだのですが
その中に面白いことが書いてありました。

たとえば宝くじに当たって大金持ちになりたい、と
願っているとします。でもいくらお金持ちになった
自分を想像したりしてみても、いっこうに当たりません。
なぜか。
それはその人の中にお金持ちになりたいという
願いと同時に「でも宝くじでお金持ちになった人って、
たいてい不幸になってるわよね、幸せになった人の話って
ほとんど聞いたことないし。そりゃそうよね、
いきなり何にもしないで大金が転がりこんできたら、
周りの人たちの私を見る目も変わるだろうし、妬まれたり
カモられたりするわよね、そうなったらイヤだな、やっぱ
当たらないほうがいいのかも・・・。」と思っている部分が
存在しているから。その部分が邪魔をして
引き寄せの法則がきちんと機能しないんですと。

純粋に、オメデタイくらいに素直に、
「宝くじ当たったら超ラッキー!そしたら
アレ買ってえ、コレしてえ、アソコ行ってえ〜」などと
脳天気なまでに無邪気に、もしかしたら起こりうる
嫌な事象など一切思いつくことなく、ただ
ひたすらワクワクできる人であれば、
法則はうまく機能するんですと。

それの延長線上にある、というか、
逆の場合もまたしかり、なのです。

たとえば世の中には、大ボラ吹きで
人を騙してばかり、自分だけが得をすれば
他人にどれだけ迷惑がかかろうが
一切気にしない人がいます。

強引で傲慢で自己中心的、クズみたいな人間なのに、
すんなりとお金持ちになったり有名人になったりしています。
実にフシギです。ザマーミロ、飯ウマー、
な天罰が下ることはあまりありません。
なぜか。
それはそういう人たちが
自分たちのやっていることを
悪いと思っていないからです。

良心の呵責を感じることも、反省したりすることもなく、
周りが自分のせいでどんなに窮地に陥っても、
常に自分の欲望が叶っているのでハッピーなのです。
結果、ネガティブな事象が引き寄せられない。
「引き寄せない法則」が機能しているから、
というのです。

ま、非常にランボーな要約ですし、
信じるか信じないかはあなた次第なのですが、
でも一理ある、とも思えるのです。
だって考えてみたら、こういう引き寄せない法則が
機能している輩、ひとりかふたり、いや、
三人、四人、もしかしてそれ以上、浮かんできて
ちょっとイラッとしたりするでしょうが。

なぜこの話をしたかというと
この記事を読んでいたら、
この「引き寄せない法則」が
ふと頭に浮かんできたから。

「トランプのゴーストライター、良心の告白」
http://wired.jp/special/2016/trumps-ghostwriter/

長い記事ですが、翻訳も(そしておそらく原文も)
理路整然とわかりやすい文章なので、
スラスラ読めます。
「興味深い記事」としてツイッターで紹介されていましたが、
フィクションじゃないぶん、ヘタなホラー小説よりゾクっとするかも。

対岸の火の粉だと思っていたら実は
すぐ隣がすでに大火事だった、
みたいな恐怖を体験する前にぜひ、
ご一読を。

よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2016年11月01日

暦たずねて三千里

さて、11月である。
今年も残すところ、あと2ヶ月弱となった。
そしてふと気づいた。
そうだ、今年はまだカレンダー買ってなかった。
では買いに行こう。

昨年は銀座のマロニーちゃん、もとい、
マロニエゲート内のハンズですべて揃った。
あてくしの定番カレンダーはすでに決まっていて、
大型の壁掛け用歳時記カレンダーと
小さめの和暦カレンダーの2種類である。
自腹を切って購入するのはいつもこれだけである。
そんな豪邸に住んでるわけでもないのに、
カレンダーばっかりいくつもあっても仕方ない。それに
年末になれば、カレンダーというのは天下のまわりものと化す、
と相場は決まっていて、どこからともなく
様々な形式のものが勝手に流れてくるので
その中からナイスなものを拾っとけばいいんである。

というわけで銀座に寄ったついでに
マロニーちゃんに行ってみた。
ところが。
無いんである。いや、和暦のほうはあったのだが、
もうひとつの定番が、無いのだ。正確には
いつも購入している大型ではなく、小型ならあるのだが
それは必要ないのだ。欲しいのは大型。
なぜかというと、これはトイレの壁用だからだ。

この歳時記カレンダーはとにかく活字が多く、
日付の合間に二十四節気や
七十二候の意味をひもとく短文から
旬の食べ物の詳細、風物詩の説明などなど、
とにかく情報がいっぱいあって、トイレタイムに読むには
ぴったりなのだ。そして読みにくい漢字、旧暦に
馴染みがない人々が多分読めないだろう漢字には
読み仮名が振ってあるのだっ!
これでいくつもの漢字、単語の読み方を
学習したあてくしなのであった。

いや、だからなぜ大型にこだわるかというと、
トイレ用なので、小型だと文字が読みにくくて、どうしても
大型の、活字が大きいほうでないとダメなのだよ。

しかしそれが、無いのだ。困った。
ロフトにも寄ったし、三省堂も覗いたが、見当たらなかった。
「たぶんあそこなら・・・」と思ったイトー屋さんは、
時間も遅かったし、方向も逆だったし
ハイヒールで足が疲れていたので断念した。

なんで無いんだ・・・。
仕方ない、日を改めて、
渋谷ハンズに行くか。
いや、八重洲ブックセンターのほうが
有る確率が高いかも・・・。

ま、アマゾンなら一発なんですけどね。
ええ、ええ、わかってますとも、もちろん。

でもねえ、来年のカレンダーって
自分で見つけてしっかり手に取って
ちゃんとレジに持っていって
お財布から現金出して
購入したいのよ。
ヘンなこだわりだけれども。

というわけで、あるかどうかわからないカレンダーを
たずね歩いて三千里・・・とまではならぬよう、
どっかでゲットできますようにっ!

そうえば、このデパートも仏国本店との契約終了で
なくなるのよね。
prtmp.jpg
ハコは残るけど中身は全面リニューアル、
地下にあった北欧発の100円ショップ、”空飛ぶ虎”も
早々に撤退してどこかへ飛んで行ってしまってました。

あ、そうそう、カレンダー買う前にここに寄ってみました。
ものすごく不思議でものすごく可愛いものがいっぱいの
怪しくてすてきな空間でした。

gstv.jpg
この黒い猫蛇蛸キャラのギュスターヴ君が主役だけれど、
ドイツ人で同じ綴りの知人がいたので、あてくしはついつい
ドイツ語読みでグスタフ君って言ってしまうのよね

POLA Museum Annex
GUSTAVEくん by HIGUCHI YUKO
2016年10月7日(金)-11月20日(日)
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2016年10月31日

トリック or IC?

世の中的にはハロイーン。
トリック・オア・トリートが合言葉だが、
トリックといえば思い出す
ちょっと前に体験した
「なにこれ、どんなトリック?!」と
かなり驚いた話をしようと思う。

それは9月のことであった。
サマーセールも終盤を迎え、
もうこの週でほんとにおしまい、という頃、
銀座に寄ったついでに、GUでお買い物をした。

もともと安い価格の商品を扱っているのに
さらに最終週とあって、”もってけドロボー”的な
やけっぱちプライス商品も
数多く取り揃えてあった。

ファストファッションのアイテムは
ワンシーズンオンリーと割り切れば
ぜんぜん問題ない。とくにこのGUは
ゴテゴテしたデザインのものが少なく
すっきりシンプルでありながら
さりげなくトレンドも取り入れてあるので
メインはお若い方向けではあっても
わりと年齢を問わず着られるアイテムが多いのだ。

ロングカーディガンとインナーを数点、
来年の夏のはじめに着ようっと、と思いつつ
買い物かごに入れてレジの前まで来た。

「セルフレジ」と書いてある。
あらま。スーパーのレジではよくあるし
しょっちゅう使うから慣れてるけど、
お洋服売ってるお店でセルフレジとは
かなり珍しいじゃないさ。

ふーん、と思いながら新しもの好きとしては
やはりここはトライしてみることでしょう、と
銀行のATMみたいな機械の下にある
大きめのコインロッカーみたいな箱の扉をあけた。

品物を入れるときにはやっぱ、
バーコードが表にでるようにしなきゃいけないよね、
などと思いながらもたもたしていると、
かわいくて感じのいい店員さんがにこにこしながらやって来て、
「お客様、このままで大丈夫ですよ〜」と言いながら
あてくしの買ったお洋服を、まるでコインランドリーの
乾燥機にでも入れるようにくるくるとまるめて、
あっという間にそのコインロッカーもどきの中に放り込んでしまったのだった。

え、値札、つか、バーコード全然見えてないよ、大丈夫なの???と
半信半疑でいたら、目の前のモニターに
買ったものと値段と合計お支払い金額が
瞬く間に表示されたではないか。

え、何、これってば、
手品?

いえ。
実はこれ、ICタグ型の値札だったのよ。

詳細はこちらの記事で。
『GUのセルフレジを体感』
http://p-prom.com/company/?p=143

いやー、あてくし、こういう関連記事とか読んでなくて
予備知識全然なくて、たまたまGUに行ったら
そこにあったから使ってみたんだけど、
何も知らなかったら、ほんと、手品だよ。
こんなトリック、ちょっと見破れないよ。

で、もちろん、袋に入れるのもセルフ。
様々なサイズの袋が棚に並んでいて
好きな袋を選んで購入した商品を
自分で入れる。こういうの、
スーパーのセルフレジで慣れてるけど、
お洋服を袋に入れたことはなかったので
なんかヘンなかんじ。でも、わりと楽しい。

今後こういうの、増えてくるかもね。
先端技術モノに疎い
おじいちゃんやおばあちゃんよろしく
「はー、機械っつのはすごいなー、
こんなこともできるのかー、びっくらこいたわー」と
感心して呆然と立ちすくしてしまわぬよう、
上記の記事、読んどいたほうが身のためだぞ。

ハロイーンにちなんだ、トリッキーでありながら、
タメになるお話、以上。
めでたし、めでたし。
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳