2016年12月07日

12月の狂い咲き

先日、万両とハボタンを購入した。
お正月に玄関先に飾るのだ。

万両というのは縁起もので
小さくて赤い実が、根元近くの下のほうに
たわわになって、かわいい。
千両というのもあって、こちらは
比較的上のほうに赤い実がなる。
今頃から出回って、年末やお正月には
千両万両を、あわよくばゲットできますようにという
強欲な下心で縁起ものとしてよく見かける。

ハボタンはキャベツの親戚みたいで
くしゅくしゅとした葉がいかにも野菜っぽくて
好きではなかったのだが、品種改良がすすんで
最近はまるで薔薇の花のようにエレガントな
綺麗なハボタンが出回っている。
今年のお正月、玄関先にそれらを飾ったところ
たいそう好評だったので、来年用に買ったのだ。

話が長くなったが、本題はこれらの植物ではない。
これらを、別に用意したオサレな鉢に植え替えようとした際、
ものすごく気味の悪いものを発見してしまったのである。

それはあてくしの猫額庭に
もう何年も前から常駐していて
昨年、かなり大きな鉢に植え替えたものだった。

どんなに手入れをしても
菖蒲のような細長い葉っぱがひゅんひゅんと
ただひたすら伸びていくだけで、
実を結ぶのはおろか、花さえ咲いたことがなかった。
ところが。

それがこんな花芽をつけていたんである。

0.jpg

なにこれ。稲?
お米っぽいけど、当然お米じゃないし。
なんか・・・超不気味。
この植物がこんな状態になったのははじめてで
見つけたときは思わず「なにこれ」と
庭の真ん中でシャベルを片手に叫んでしまったほどだ。

2.jpg

調べたら「金稜辺(キンリョウヘン)」という
植物なのだそうだ。ラン科の植物で
この怪しいピンク色と同じ色の、
小さなシンビジウムみたいな花が咲くのだが、
特徴はその匂い。かなり強い匂いで、
ミツバチを集めるのに使われるそうなのだ。
しかも西洋ミツバチではなく
日本ミツバチしか集まってこないそうで
養蜂をやっている人たちの間では
知らない人はいないくらい有名な花なのだそう。

ただ開花時期が4月〜6月なのだ。
なぜ今咲くのだ。
完全に狂い咲きではないか。
でもまあ、正式な開花時期に咲いてしまったら
ミツバチが寄ってきて大変なことになってしまうけども、
どうして今、この寒い時期に、咲く準備をしているか、
ものすごい謎だ。

今年の秋冬はちっとも気温が下がらず
先週末も「コートなんか着てられねーよ」的な
暖かさが続いていたので、開花時期、
間違えちゃったのだろうか。

まあ、狂い咲きでもなんでも
無事に咲いたらまた画像をアップしたいと思います。
気温が下がって寒くなったら枯れるかもしれないけど。
乞う、ご期待!・・・でもないか。
それにしても、なんで養蜂で使う花が
ウチの庭にあるのだろうか。どこから紛れたのか。
狂い咲きよりなにより、それが最大の謎なのであった。

omake.jpg
これが最近のハボタン。ね、綺麗でしょ。
キャベツじゃないでしょ。

よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2016年11月22日

はやめの風門

11月もなかばを過ぎたというのに
気温19度ってどういうことよ。
天気予報は完全に天気予想と化している
今日この頃、いかがおすごしですか。

まあ、紅葉がいつまでも見られて
楽しいといえばいえなくもないけですけども。

あてくしはと言えば、
天候が暑かったり寒かったり、
というのもありますが
TOC徳の市:冬の陣に行って
風邪をもらってきてしまい、
体調がすぐれません。

風邪はひきはじめに退治しないと
あとあと面倒なことになりますが、
昨年、「風門」というところに
カイロを貼るという知識を得まして
実行したところ、かなり効果があり
今年もそれをやってみたところ
それほどひどくならずに落ち着いております。

「風門 カイロ」でググると
たくさんヒットしますので、いまや風邪のひきはじめには
「はやめのパブ●ン」と同じくらいのお約束事項のようです。
背中にあるツボなのですが、背中は脂肪が少ないせいもあり
すぐにホカホカしてきて体が芯から温まる効果があります。
「かかったかな?」と思ったらお試しを。

ところで全然関係ないですけど、
最近知ったのですけど、
「ググれカス」というコトバがありますが、
意味はご存知の通り
「こんな事も知らんのか、
グーグルで検索しろ、
このオタンコナスめ」ですが
これを丁寧に変換した場合
「詳しくはWebで」
ということになるのだそうです。
知らなかったでしょう?ほんとですよ、
ググれカ・・・詳しくはWebで。
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳

2016年11月12日

引き寄せない法則

すっかり秋らしくなった今日この頃、
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

亡国、もとい、某国のリーダーを決める投票は
多くの人々の予想を裏切る結果となってしまいましたが、
彼の地に居を構えるあてくしの知人たちの
ツイッターやフェイスブックは、あの日から
フリーズしたままなので、ちょっと心配しています。
おそらくまだ死んでいるのだと思います。お気の毒に・・・
などと悠長に構えている場合ではないのかもしれぬ。
対岸の火の粉がこちらに飛んできて
大火事にならないといいのですが。

ところで、ちょっと前に、運を引き寄せる法則が云々というのが
ブームになって、あてくしも図書館で何冊か借りて読んだのですが
その中に面白いことが書いてありました。

たとえば宝くじに当たって大金持ちになりたい、と
願っているとします。でもいくらお金持ちになった
自分を想像したりしてみても、いっこうに当たりません。
なぜか。
それはその人の中にお金持ちになりたいという
願いと同時に「でも宝くじでお金持ちになった人って、
たいてい不幸になってるわよね、幸せになった人の話って
ほとんど聞いたことないし。そりゃそうよね、
いきなり何にもしないで大金が転がりこんできたら、
周りの人たちの私を見る目も変わるだろうし、妬まれたり
カモられたりするわよね、そうなったらイヤだな、やっぱ
当たらないほうがいいのかも・・・。」と思っている部分が
存在しているから。その部分が邪魔をして
引き寄せの法則がきちんと機能しないんですと。

純粋に、オメデタイくらいに素直に、
「宝くじ当たったら超ラッキー!そしたら
アレ買ってえ、コレしてえ、アソコ行ってえ〜」などと
脳天気なまでに無邪気に、もしかしたら起こりうる
嫌な事象など一切思いつくことなく、ただ
ひたすらワクワクできる人であれば、
法則はうまく機能するんですと。

それの延長線上にある、というか、
逆の場合もまたしかり、なのです。

たとえば世の中には、大ボラ吹きで
人を騙してばかり、自分だけが得をすれば
他人にどれだけ迷惑がかかろうが
一切気にしない人がいます。

強引で傲慢で自己中心的、クズみたいな人間なのに、
すんなりとお金持ちになったり有名人になったりしています。
実にフシギです。ザマーミロ、飯ウマー、
な天罰が下ることはあまりありません。
なぜか。
それはそういう人たちが
自分たちのやっていることを
悪いと思っていないからです。

良心の呵責を感じることも、反省したりすることもなく、
周りが自分のせいでどんなに窮地に陥っても、
常に自分の欲望が叶っているのでハッピーなのです。
結果、ネガティブな事象が引き寄せられない。
「引き寄せない法則」が機能しているから、
というのです。

ま、非常にランボーな要約ですし、
信じるか信じないかはあなた次第なのですが、
でも一理ある、とも思えるのです。
だって考えてみたら、こういう引き寄せない法則が
機能している輩、ひとりかふたり、いや、
三人、四人、もしかしてそれ以上、浮かんできて
ちょっとイラッとしたりするでしょうが。

なぜこの話をしたかというと
この記事を読んでいたら、
この「引き寄せない法則」が
ふと頭に浮かんできたから。

「トランプのゴーストライター、良心の告白」
http://wired.jp/special/2016/trumps-ghostwriter/

長い記事ですが、翻訳も(そしておそらく原文も)
理路整然とわかりやすい文章なので、
スラスラ読めます。
「興味深い記事」としてツイッターで紹介されていましたが、
フィクションじゃないぶん、ヘタなホラー小説よりゾクっとするかも。

対岸の火の粉だと思っていたら実は
すぐ隣がすでに大火事だった、
みたいな恐怖を体験する前にぜひ、
ご一読を。
よかったら、また来るがいいkomensie.gif
posted by jade the zappar | Zappar雑記帳